2007年11月07日

小沢代表が辞意撤回 民主の慰留受け入れ

これで、この問題も収拾しましたね。



 辞任を表明していた民主党の小沢一郎代表は六日夜、菅直人、輿石東両代表代行、鳩山由紀夫幹事長と都内の個人事務所で会談し、慰留を受け入れ、辞意を撤回した。七日午後に開かれる両院議員総会に出席し、続投の理由を説明する。二日の福田康夫首相(自民党総裁)と小沢氏の党首会談に端を発した民主党の混乱は収拾するが、次期衆院選に向け、態勢の立て直しと有権者の信頼回復が急務となる。

 鳩山氏によると、小沢氏は続投要請に対し「本当に恥をさらすようだが、皆さんの意向を受けてぜひもう一度頑張りたい。大変なご苦労をかけた。感謝している」と述べた。

 民主党内では、小沢氏慰留の前提として、自民党との「大連立」を進めないことを小沢氏に確認すべきだとの意見が強かったが、鳩山氏は会談後、記者団に対し、小沢氏続投には「何も(条件は)ついていない」と述べた。

 民主党執行部はこれに先立つ六日午後、党本部と国会内で衆参両院議員の当選回数別の懇談会を相次いで開き、小沢氏に留任を求める方針を確認。菅氏らは小沢氏にこうした党内情勢を説明し、翻意を促した。

 ただ、議員懇談会では「小沢氏は混乱を招いたことについて国民に謝罪し、説明すべきだ」「選挙で政権交代するという原則を確認してほしい」などの注文が相次いだ。一部からは「慰留すべきではない」との意見も出た。これを受け、小沢氏は七日午後の両院議員総会で、福田首相との会談内容や辞意撤回の理由を説明する。

 さらに、党内には、小沢氏が首相との会談で独断で大連立構想を進めたことに、なお批判がくすぶっている。小沢氏は、次期衆院選準備をはじめとして、厳しい党運営を強いられることになる。

 小沢氏は二日の党首会談後、自民党との大連立に向けた政策協議入りを党役員会に諮ったが、拒否され、四日に「混乱の責任を取る」として辞任を表明。党執行部が慰留していた。
ラベル:政治 民主 小沢
posted by ころ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。