2007年11月07日

NOVA支援先が内定 名古屋のジー・エデュケーション

会社更生法の適用を申請していた英会話学校最大手のNOVA(統括本部・大阪市)は六日、名古屋市に本社を置く学習塾、英会話学校など経営の「ジー・エデュケーション」がスポンサー企業に内定したと発表した。

 ジ社は、NOVAが手がけていた「駅前留学」「お茶の間留学」「NOVA KIDS」事業を引き継ぎ、授業を再開する。約六百七十の教室のうち、まずは三十教室を譲り受け、その後、計二百教室の譲渡を受けるようNOVA側と協議を重ねる。三十教室がどの地域になるかは未定。NOVAの商標は継続して使う。

 NOVA受講者が引き続き、受講を希望した場合、既にNOVA側に支払われた受講料の債務は継承しないものの、通常の25%に受講料を割り引く。外国人講師らNOVAの従業員の雇用維持も最大限の努力をする。

 ジ社は、昨年八月から北海道を中心に「EC英会話」四十二教室を運営している。愛知県内では学習塾「がんばる学園」なども経営している。

 ジ社は、飲食店などを経営する「ジー・コミュニケーション」(名古屋市、稲吉正樹会長兼社長)の100%子会社。M&A(企業の合併・買収)を繰り返して急成長しており、今年五月には経営不振に陥っていたジャスダック証券取引所上場の「焼肉屋さかい」を連結子会社化した。
タグ:NOVA
posted by ころ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65019217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。